CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 今日から車検・・・ | main | IC Recorder >>
HP Authentication
☆ホームページの認証☆

ホームページを閲覧する際に、「IDとパスワードを入力して下さい」という様な画面がでることがある。
このように、アクセスできる人を限定する(特定の人にだけ公開する)こともしばしば必要になるだろう。。。。

そのような時には、CGIや、Java、さらには、httpd認証という方法を使用する事により、アクセス制限をすることが可能になる。
もし、プロバイダでhttpdのアクセス認証(基本認証と言う)が使えるなら、それもオススメする。これは、CGIのスクリプトを使うよりも強力だからだ。

ただし、基本的にはTelnetを使用して設定しなければならないので、Telnet接続が許可されていないサーバー(プロバイダ)では難しいかもしれない。


◆認証をかける方法(そのディレクトリ配下に置かれたhtmlファイル全てにアクセス制限がかかる)

1.「.htaccess」 というファイルを作成する。
  そのファイルの内容は以下のとおりだ。

   AuthType Basic
   AuthName "Secret_Page !!"   (※1)
   AuthUserFile /home/xxxxx/yyyyy/public_html/zzzzz/.htpasswd  (※2)
   require valid-user      

  ※1: " "内の文字列が認証画面のウィンドウに表示
  ※2: 認証をかけたいディレクトリをフルアドレスで指定する
  (「xxxxx」「yyyyy」「zzzzz」の部分がそれぞれ自分のサーバーや設置したいディレクトリによって異なる)


2.次に、その「.htaccess」ファイルをサーバーへアップロードする。

※ただし、ドットで始まるファイルがうまくFTP出来ないならば、例えば「_htaccess」のように他の文字にして置いて、FTP転送後に、ファイルの名前を「.htaccess」に戻すと良い。

3.Telnetを使用して、下記のコマンドを入力。

   htpasswd -c /home/xxxxx/yyyyy/public_html/zzzzz/.htpasswd 認証ID

   ※問い合わせに対して2回、設定したいパスワードを入力する。

※ htpasswd により認証IDの追加やパスワードの変更をするときは、-c オプションは不要。
   htpasswd /home/xxxxx/yyyyy/public_html/zzzzz/.htpasswd 認証ID


認証させるための操作は以上。そのディレクトリ配下に置かれた html ファイルへのアクセスは全て認証がかかるはずだ。
| インターネット | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kazushi.babyblue.jp/trackback/981664
トラックバック