CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< iTunesでPDFファイルの管理 | main | もう春? >>
Jumper pin
昨日、後輩のパソコンの簡易な改造作業を行うのに横で付き添っていた。
もちろん、作業補助のために。
そして、悲劇は起こった・・・・


DOS/V互換機は、以前から何台も作製しているので、さほど困難でもなく比較的容易に行ってきた。
で、研究室内の個人のパソコンや、もちろん実験用コンピューターまでも何台も作製、改造してきた。

しかし、まだ若い学生くんたちにとっては、パソコンを開けることすら未知の世界でもある。
そこで、いつも呼び出されて、横でじっと? ぼ〜っと?見ているのである。

パソコンを作ったりできる様になるためには、やはり自分で一から手で作り上げていくのが一番上達するからだ。
もちろん、その過程で、壊してしまうこともあるだろう・・・ でも、そうやって壊して泣いてしまうような事が無い限り
ちゃんと作ったり、構造を理解したりすることはできないと思う。 失敗は成功の基でもある。

今回の作業は、単にCD-RWドライブを1台増設することと、HDD(ハードディスクドライブ)を1台増設するという単純な作業だった。

で、「どうしたらいいのか?」わからない学生に、まずはIDEケーブルの説明から始め、プライマリーとセカンダリーがあって、
さらに、HDDや光学ドライブを接続する際には、「マスター」と「スレーブ」の設定をしないと認識できないよ。という説明
を行ったつもりだった・・・。

そして、学生がHDDのジャンパーピンを付け替える際に、一緒に作業し、後はコーヒーを飲んでのんびり待っていたのだ。
しばらくして、接続もすべて終わり、電源を入れて、WindowsXPを起動してみたら、起動時の画面から全然進まない・・・

XPでは、起動時の画面の下に左から右へバーが流れている時で止まってしまう。ということは、どこか拡張カードの読み
込み時に不具合が起こっているのだろう・・・

で、それそれIDEコネクタや、PCIカードも全て点検したが、原因が全くわからない。
作業すること2時間ちょっと・・・ 「一度、設置したCD-RWドライブを取り外してみてよ」と言った瞬間、発見した!!

増設したCD-RWドライブのジャンパーピンが「マスターになったままだった・・・
原因はここ。元々入ってたDVDドライブは、マスターで、増設したのもマスターの設定になっていたらパソコンは認識できない。

この増設したCD-RWドライブのジャンパーピンをスレーブの位置に付け替えて起動し直したら、普通に立ち上がって
しまった・・・ まぁ、当然だ。そうしなければ認識できないのだから・・・

ん〜なんと初歩的な所で、間違っていたのか・・・
というより、HDDの差し替え時は、ちゃんと確認していたのに、その後でチェックをしていなかったのが間違いだったの
かもしれない・・・・。


※ジャンパピン 【jumper pin】って・・・     <別名 :ジャンパポスト, jumper post>

 マザーボードや拡張カード上に用意されている金属のピンのこと。2つないし3つ程度が並んで設置されており、ジャンパブロック(これを「ジャンパピン」と呼ぶこともある)などによってピン同士をショートさせると、ショートしている場所によってカードの設定が変化する。
 ジャンパピンのショート位置と設定の対応は、取扱説明書やカード本体に記載されている。
 最近の拡張カードはOS上で設定を行なうものが多いため、ジャンパピンによって設定を行なう必要があるカードは少なくなっている。また、マザーボードでも設定をBIOS上から行なうようにし、ジャンパピンを持たない「ジャンパレスマザーボード」が増加している。
| PC | 21:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kazushi.babyblue.jp/trackback/981606
トラックバック