CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 史上2番目のMagnet!! | main | 自動的にウィンドウを閉じる >>
マウスでいろいろ
「マウスを文字や写真の上に持って行くと自動的にリンク先へジャンプする」という機能を利用しても面白くなるかもしれない。
そんな技を紹介しよう。

一般的にホームページを作る時に、リンクさせたいページアドレスに対して以下の様な感じで記述すると思う。

<A href="http://www.yahoo.co.jp/" target="_blank">yahoo</A>

ここではまずYahooにリンクさせたいと仮定した時の記述だ。
もちろん、<>は半角で記述しないと動作しない。

そして、この場合だと文字をクリックしないとリンク先へジャンプできないはずだ。


しかし、ここで少し記述に魔法をかけてみよう!
上記のリンクの記述とは少し違うはずだ。
<A HREF="" onmouseover="window.open('http://www.yahoo.co.jp')">オンマウスを置くとYahooのウィンドウが開く</A>

これを実際に記述すると、次の様になる。
 → オンマウスを置くとYahooのウィンドウが開く

どうだろうか?文字の上にマウスを置くと新規ウィンドウでリンク先が開くはずだ。
なかなか面白いかもしれない。
筆者はすぐに飽きてしまったが・・・。

この手法は一種のバリアフリーにも応用できると考える。指の動かし難い人にとっては、もしかすると
クリックするだけでも大変だろう。そんなときにマウスを上に重ねるだけでリンク先へジャンプすると
いうのは非常に有り難い話だ。

リンク先を自分のサイト内のファイルに指定すれば、自サイト内の好きなファイルへ飛ぶことも可能だ。
それは、個人のオリジナリティでアレンジして欲しい。


しかし、考え方によれば、これにはデメリットも存在する。
例えば、このリンクを並べ過ぎると、マウスが通過する度にリンク先が開いてしまうからだ。そこは要注意かもしれない。
また、良識の無い人たちによって、公序良俗に反するページへリンクが貼られているかもしれない。
どんなものにでも一長一短があると認識した上で、多くの人に長所をアピールできる様な利用法を薦めていきたい。
| インターネット | 20:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kazushi.babyblue.jp/trackback/981602
トラックバック