CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< MovableType 3.151-jaへアップグレード! | main | FLASH修正完了 >>
名刺渡しのマナー
名刺の渡し方等名刺交換で失敗しないための簡単なマナー。

以下に、まとめてみました。。。

1.名刺は目下の者から出すのが基本。

・目上の人の場合は相手から受け取って、自分の名刺を差し出す・・・・・


名刺の渡し方等名刺交換で失敗しないための簡単なマナー。

1.名刺は目下の者から出すのが基本。

・目上の人の場合は相手から受け取って、自分の名刺を差し出す。
・もし先に目上の人に先に名刺出されてしまった場合、「遅れまして申し訳ございません。」と断って受け取り、すぐに自分の名刺を差し出す。
・名刺を同時に出してしまた場合は目上が受け取るのを待って、相手から貰う。
・同格の者同士が名刺を同時に出した場合は、右手で差し出し、左手で受け取る。
・他社・先方をを訪問した際には、「お邪魔致します。」という意味合いから、訪問した側から先に差し出す。訪問者が明らかに目上の人であったら訪問された側が先に差し出す。

2.着席していても、名刺の交換は必ず立ち上がる。

・右手で名刺の端を軽く持ち、相手の胸より下の位置で手渡す。目の前に突き出すのはNG。
・出来れば両手で差し出し、両手で受け取りたいものだが、片手でも丁寧に姿勢良く受け渡せば失礼にはならない。名刺を渡しながら「宜しくお願い致します」と言い、自分の社名や状況に応じては部課名、そして氏名を名乗ればいっそう丁寧でよい印象を与えるかな??

3.万一、名刺を切らしていたり、忘れたりしたら、丁重に非礼をわび、次回に改めて渡すことを付け加える。

4.受け取った必ず名刺は大切に扱う。

・まずは内容を必ず確認。その後、名刺入れに収めるのが普通だが、暫くテーブルの上に置いて、確認しながら話をしてもOK。

5.外国人でも名刺を日本式に用いる事が多いので交換ルールは変わらない。

・外国の名刺は本来の性格や使い方が日本の場合とは異なっている。
・贈り物に添えたり、お祝い、お礼、年末年始のメッセージを書いたり、あるいは転居通知に使ったり・・・。形式も氏名だけだったり、大型だったりと様々。
| 一般。。。 | 17:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kazushi.babyblue.jp/trackback/981599
トラックバック