CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 眼力♪ | main | 今日で33。 >>
今日で33。
今日で、33になりました。

夜の零時を回ってから、ポツポツとおめでとうメールを貰い、
お昼になってもポツポツとメールを貰い、なんだか今年は良い感じの誕生日を迎えられました♪

うん、誕生日になるといつもいろいろと考えるんよねぇ。。。

また1年を無事に過ごせたなぁと・・・。

ちょうど13歳の夏頃から不治の病になって、これでちょうど20年。。。
年月が経つのも意外と早いものなんだなぁと。

小学校の時からずっと野球もしていて、運動もできたはずなのに、次第にカラダの自由が利かなくなり、辛いことも多々あったことを想い出す。
今まで何でもできた分、徐々に体力も筋力も低下し、自分でも何でだろうと悩まされる日々・・・
でも周りの人は誰も僕の病気のことなど気づいていないので、「何をさぼっているんだ!」と怒鳴られ、怒られ、何をしても認めて貰えない日々・・・
自分では昨日までできていたことが、今日起きてみると感覚が鈍って力が入らなくなり、出来なくなって葛藤する日々・・・

10代の頃には、二十歳にはもぅ限界でこの世から去ってしまうんだろうなぁ〜と自分で覚悟は決めていたんよね。
でも、そんなに簡単に自分で決められるわけでもなく、今でもまだなんとか元気に過ごせている。

18の時に、心に誓ったのが、30までは絶対に自力で動いてやろうということ。もうこの頃でほとんど走ることはできなかったんだけど、いつまで自分の2本の足で立って大地を踏みしめられるのか、これにかけてみたかったんよね。1分でも1秒でも長く動いていたいし、歩きたい。これが僕の本音です。
でも、日々、ちょっとずつではあるんだけど、足の感覚もなくなっていっているのは自分でも自覚している。つまづくことも年々増え、転んだり、バランスを失ってしまうことも年々増えているのが現実。

で、33になった今もなんとか自力で歩けている。
といってもこの半年ほどは、もぅ外が暗くなってからは一人では歩けないんだけど・・・。
でもまだまだ動き続けたいし、進みたい。
どこまで行けるかはわからないんだけどね。

人に負けることよりも自分に負けたくないんよね。
人と追いかけっこできない代わりに、病気と追いかけっこしているんだろうね。
勝ち目がないのかもしれないけれども、負けたくないしね。
もぅいいやと思った時に、全てが終わってしまうんだろうなぁと。。。

よく人に「頑張るねぇ」と言われるけれども、頑張っているわけではない。
「そんなにやらなくてもいいやん」とも言われる。
でも、これはただ自分に負けたくないだけ。
障害があるのは別に悪くないと思っている。自分の個性だとも思っている。
意地なんて張らずに、胸を張って進みたい。
でも、障害があるとみんなに自然とレッテルを貼られるんよね。
人より2倍とまでは行かなくても、1.1倍でも頑張れば「凄いよね」「流石だね」ってなる。
しかし、人と同じだとその瞬間に「当たり前やん」となり、それ以下になると「まぁ所詮その程度やで」と見下されてしまうんよね。
こんなレッテルは貼られたくないんだけど、現実はそんなものだよね。

障害があるがゆえに差別されることもあり、軽蔑されることもあり・・・
世の中の理不尽さも多々経験し・・・
でも、まぁ、良い経験をさせてもらったかなとも思う。
普通ならそんなこともないだろうし。

いつまで歩いていられるのかもわからないし、いつまで生きているのかもわからない。
でも、最後に笑った者が、最後に勝った者が、勝ちだろう。

また、ここまでやってこれたのは、意地かもしれないし、根性かもしれない。
でもやっぱり、僕の周りに居た家族や友達なんだろうなぁ。
好きなことをやってこられたのもみんなのお陰だよ。
わがまま言っても温かく見守ってくれたみんなが居たから・・・
だから頑張れたんだろうな。
ほんま感謝です。

好きなことをさせてくれる家族や先生に感謝です。

何かするときにいつも助けてくれる友達や後輩に感謝です。

毎朝、起きたときにまだ動けるという単純なことが幸せ。
毎日、ご飯を食べられるという単純なことが幸せ。
ほんま何気ないことが幸せです。


もぅ手足の感覚もあんまりないけど、日々刻々と病気も進行しているけど、頑張るしかないよな。
行けるところまでは行き着くしかないしね。

まだたったの33年。されどもぅ33年。
病気になって早20年。
この先どうなるかのかはわからんけど、自分の人生を全うしていくしかないよね。
またこの1年を無事に過ごせることを祈りつつ・・・
| 独り言 | 23:59 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
以前,友人が言っていました。

「病気にならなければ気付かなかったことが沢山ある。」
と。

そんな言葉を思い出しました。

本当にお誕生日おめでとうございます。

貴方のその感謝の気持ちと,
幸せを感じる心は,
何よりの生命力だと思います。

これからも同じ74年生まれ同士,
共に歳を重ねていきましょう。
| たくみき | 2007/07/03 10:12 AM |
>たくみきさん
 そうだよねぇ〜。頑張ります!!
 ありがとう(^_^)

 それにしても、この記事はもう1個別の日記に書くつもりだったのにぃ・・・
 間違える時点で年を感じてしまう・・・(^_^;
| やまちん | 2007/07/03 8:00 PM |
遅れちゃったけどお誕生日おめでとうございます!!

この日記を読んで、初めて知ったことが一杯・・・
ちょっとウルウルしちゃいました。。。

メールでのやりとりがほとんどな私にとっては、歩いてても座ってても、やまちんはやまちん!

そうは思うけど、病気に負けまいと、一生懸命なやまちんに、周りの人も勇気をもらっているんだと思います。
やまちんが感謝するのと同じだけ、みんなもやまちんに感謝してますよ〜きっと。

>いつまで歩いていられるのかもわからないし、いつまで生きているのかもわからない。
でも、最後に笑った者が、最後に勝った者が、勝ちだろう。

ゆきちゃんを生んで、思いました。
誰もが泣きながら、一人で生まれてくるんだなって。
でも、生まれた瞬間から、愛されて、だんだん笑えるようになるんだなって。。。
生まれるときは泣きながら・・・なんだから、最後くらいは笑っていたいと、私も思います。

一生懸命で、人に感謝の気持ちを持てて、幸せを感じ取る心もしっかり持ってる、33歳の男前やまちん、バンザ〜イ!!
| らっち | 2007/07/06 1:34 PM |
>らっちへ
 こんばんは〜♪ ありがと〜。
 ゆきちゃんも日に日に成長していくよねぇ〜。ほんま赤ちゃんって凄いよ。
 そう、たまに友達の赤ちゃんと遊ぶといつもパワーを貰える感じなんだよね。純粋無垢で限りないパワーに満ちあふれている感じで〜☆
 らっちもガンバヽ(^0^)ノ
| やまちん | 2007/07/06 9:44 PM |
誕生日おめでとう。
あんまし年とった感がありませんが..。

今日、会社でふと「8年目か...。」と思った。
6年通った小学校より、大学より長いのだ。やまちんには負けるが。
ほんと時間の経つのって早いよね。

そうか、進行してるのか、手もなの?
自由が利かないのはしんどいね。
私の腰痛もこれ以上ひどくならんよーにせんと。
平均寿命まで軽く倍はあるんやから。
| えっちゃん | 2007/07/06 11:49 PM |
>えっちゃん
 ありがとう♪
 ふむふむ。もう8年目なのかぁ〜。早いものだよねぇ〜。
 俺は同じ所に居るのは14年目だもんなぁ・・・。
 手はねぇ、右上腕と左手の握力がないよね。
 逆にねぇ、左上腕と右手の握力はあるんよね。
 なんと中途半端な!?(^_^;
 まだ歩けるけど、バランスを失うことが月日を追うごとに増えてしまっているよね。。。
 うん、平均寿命の半分までは頑張るわー!!ヽ(*^。^*)ノ
 えっちゃんも腰痛治るように〜☆
| やまちん | 2007/07/07 10:21 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kazushi.babyblue.jp/trackback/653297
トラックバック