CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< ハイアットリージェンシー京都 | main | 盆の再会〜♪ >>
Thunderbird
結局、先日、Winが壊れたので、新しいPCを買い直した!

で、一番、悩んだのがメール。
いつもThunderbirdを使用していたんだけど、どうやって新しい環境に移植するんだろう〜と・・・。

で、ごちゃごちゃやってたらできました!^^v

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

「Thunderbird」のバックアップおよび復元方法

<プロファイルのバックアップ>
パソコンが壊れた時のためにバックアップを取ろう。
Thunderbirdのデータをバックアップするのは、とても簡単。

C:¥Documents and Settings¥[ユーザ名]¥Application Data¥Thunderbird¥Profiles

の「Profiles」をCDやDVDなどのディスクにバックアップ(コピー)しよう。
これでOK。とっても簡単でしょ!?

<バックアップしたメールデータの復元>
パソコンが壊れたときや、パソコンを新しく買い換えたときには、今まで使っていたThunderbirdのデータを新しいパソコンの環境で使用できる様に設定しなければならない。

そこでまず、新しいパソコンに最新のThunderbirdをインストールする。
次に、バックアップした「Profiles」フォルダを適当な場所に置く(コピーする)。
わかりやすくするために、元にあったフォルダと同じ場所(以下のパス)に置くのがお勧め。

C:¥Documents and Settings¥[ユーザ名]¥Application Data¥Thunderbird¥Profiles

次に、以下の場所のフォルダにある「profiles.ini」というファイルをテキストエディタで開く。

C:¥Documents and Settings¥[ユーザ名]¥Application Data¥Thunderbird

そしてこの「profiles.ini」 の中で、先ほどコピーしたProfilesフォルダののエントリーを探し、Path= という行を新しい場所に書き換える。
(profiles.iniの中身は以下の様な感じになっている)
ーー−−−−−−−−−−−−−−−
[General]
StartWithLastProfile=1

[Profile0]
Name=default
IsRelative=1
Path=Profiles/xxxxxxx.default
−−−−−−−−−−−−−−−−−

そして、最後に「profiles.ini」を保存して Thunderbird を再起動。
これで、新しいパソコン環境で、今まで使用していたThunderbirdのメールデータをそのまま使用できる様になったはずだ!!

とてもややっこしそうだけど、単に「Profiles」フォルダをバックアップコピーしておいて、それを元のところへ戻し、「profiles.ini」のパスのフォルダ名を書き換えるだけでOKという非常に簡単な手順です〜。
| コンピュータ,パソコン | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kazushi.babyblue.jp/trackback/336949
トラックバック